■孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる


あなたに、この教材を通して、このようなルールを知って
もらいたいと思っています。
ルールを知らないと、損をしてしまう事が、たくさんあります。


そういったあなたが、今後、有利に生きていくための
ルールで、こういったものを手にいれてもらおうと思います。
この瞬間で、“この人は素晴らしい!”と判断される。


ある瞬間に、たびたび訪れる事例なのですが、
そこで、どういった選択を取る事ができるのか。

好かれる人は、ここで、選択するべき事を、瞬間で
選択する事ができます。

好かれない人、嫌われてしまう人は、ここで、高確率
と言って良いレベルで、この選択肢を、避けます。

ここでは、「この選択をする。」

これを決める事で、今後、あらゆる場面で、すぐに、
“この人は素晴らしい!”
と思ってもらえるようになります。

それに、この選択肢を取る事ができるのは、本当に
少数の男性だけなのです。
満足して生活するために必須な事。


この事を知らないと、どんなにお金があっても、
モデルを彼女にしようと、ハーレムを作れるように
なろうとも、満足する事ができないです。

というのも、人間が、満足できる状態を手に入れる
には、お金では、その欲望を満たす事は出来ないからです。



お金で、これを満たす事ができると信じている人の末路は、
悲惨な事は、多くの人が、色々な媒体を通して、一度は
見聞きしたことがあると思います。


そのため、まずは、この原理原則を理解して、目的を
明確化にする事が、あなたが、今後の活動をより質の
高いものにしていくために必要な事となります。
現状で、あなたが好かれているか、好かれていないか。 それを一発で、正確に知る方法。


自分が今、人から好かれているか、好かれていないかを
ちゃんと把握する方法があります。

まず、これは、自分で判断する事ではありません。
好かれているか、好かれていないかは、100%他人が決める
事です。

だから、この部分について、考えれば、今、あなたがどういった
状態にあるのかが、あまりに明確に分かってしまいます。
あまりの現実を知る事になります。
女性の判断基準を採用する。

男性は、女性の物事の判断基準を採用するように
なると、全体の流れがスムーズになると思います。

では、その女性の物事の判断基準とは、どういったものか。
そして、男性とは、どう違うのか。
これについて、知ってもらいたいと思います。

強烈に、人から愛されるというのは、女性の最大にして
最高の資質の中にあると思っています。

その最大にして、最高の資質とは、何か?
好かれるために、知っておくべき事。


これを持っておかないと、やっと、好かれるように
なってきた状態を、ミスミス逃してしまう事になります。

人間の変化。
ここを、ちゃんと把握する事ができれば、無理なく
これを持ち続ける事ができます。

もちろん、私も一生、これを持ち続けるつもりで
いますし、これが出来なくなった時から、今良好な
人間関係も、徐々に崩れていくと思います。
男性的なこの要素は、人間関係を殺伐とさせる。

この要素に、何の疑いも無く、絶対的なものとして
利用している男性の数は、圧倒的に多いです。

そして、これは、人間関係を殺伐とさせるために
使うならば、威力は抜群です。

男性が好む、このやり方なのですが、実際の世間で
それを前面に押し出すと、摩擦しか起こさないのです。

好かれる男性は、この世の中のルールを理解している
ので、大人な対応の1つとして、このやり方を採用する
事ができるのですが、まだ対応が未熟な男性は、
このやり方に固執するんです。


そして、摩擦を起こして、回りから好かれないという
ループにはまるんです。
あなたのやりたい事が、ゆるゆると通ってしまうその方法。

多くの男性は、0か、100か。
みたいな判断が好きです。でも、考えると分かる事
なのですが、0であれば、何も手に入りません。

逆に、100を手にした場合には、相手側には何も手に
入らない事になります。ここに発生する事は何だと思いますか?

自分の不満感か、相手の不満感です。この2択しかない。

これって、常にこの状態を作っていく事は、良い事だと
考えられるでしょうか。

ここの項目でお話するやり方を採用すると、お互いに
思っている事が、ゆるゆると通りだします。
お互いになので、すごく快適なんです。

そこに、摩擦は起きにくくなりますし、結果からみて、
お互いに、なんとなく、緩く、満足する事ができるんです。

好かれる人って、このやり方を良く知っているんです。
だから、好かれるんです。

このやり方を採用している人は、回りの人も、そのやり方を
みて、その人の評価を上げるんです。

良い事づくめなのに、男性が採用しないその方法とは?
この行動が、あなたへ大きな変化をもたらす。

これは、今すぐにでも、あなたは実行するべき、
重要な事だと思っています。

ここを、ちゃんと守り続ける事ができた男性は、
かなり高い確率で、好かれる男性へと変化をしていく
事になります。


これは、人間が変化をしていく際に、もっとも威力を
発揮するための方法の1つだからです。

ここで、省かなければならないミスがあります。
このミスを選択すると、思ったように展開しません。


なぜ、この仕組みが有効かについてなのですが、

「今の自分を構成しているものは、
どういった要素があるのか?」

この答えを知っていれば、たどりつく事ができる
のですが・・・。


この逆の事をすれば、ただただ、
“肌触りの悪い人。”
になります。

好かれない人は、自ら、この肌触りの悪い人になるような
行動を選択している傾向が高いのです。
あなたを嫌う人を量産させてしまう避けたい方法。

この考え方をもって、人と接すると面白い
ように、嫌ってくる人を増やす傾向があります。

というのも、この考え方は、どうやっても、好かれる人
を増やすよりも、何倍もの早さで、嫌う人を
増やしていく事になります。


対人では。

あなたの事を好きな人。

普通な人。

あなたの事を嫌いな人。


と、3つに分けて考えた場合、普通な人に好かれる
ように展開していく事が大切なんですが、
この考え方ですと、普通な人を、ものすごいスピードで、
あなたの事を嫌いな人へと、分類してしまうんです。

驚くべきスピードで嫌われる・・・。

そういった状態にならないために。
ザックリと、好かれる男性は、この3つの要素がある。

まず、この教材の中で、お話されている3つの要素
があるのですが、これが大切になります。


好かれる男性で、目に見える要素を上げてみる。
となると、この3つが上げられると思っています。


この3つを持って生まれた段階から、自然とできる
男性は、数少なく、本当に生まれながらにして、質の
高い男性だと言えます。



残念な事なのですが、現段階で、回りの人から好かれている
と言い切る事ができない人は、この要素は、持って生まれて
備わっていないわけです。

だからです。
だから、この項目でお話しているやり方を採用する事が
非常に大切になると思っています。

なりたい自分になるというのは、スタートで必要となる
行動としては、こういった事になるのです。

具体的な方法について、ここではお話をしていきます。
あなたの良い評判を拡散させる方法。

>評判を上げるために、やる事は、何もテクニカルな
ものではありません。

ある事をしっかりと、分かっている事で、あなたの
良い評判は、拡散をしていきます。

この事の逆をやると、今度は、あなたの悪評が
拡散をします。

そのために、あなたは、常に、この前者の状態をキープ
するように意識をする事が大切になります。
そうする事で、良い評判が拡散して、あなたの評価はあがり、
倍々ゲームのように、あなたを好きになる人が増えやすく
なっていきます。
人の感覚は、敏感です。

人から好かれる人は、人の感覚が、敏感である事を
無意識的に理解をしているので、どういった事をすると、
人が集まってきて、好かれるか。
これをあっさりと実行できるわけです。

人から好かれる人は、例外なくやっている事と、考えて
良いぐらいに、基本中の基本なのですが、
大人になると、ほとんどの人がこれをやらなくなって
しまいます。

だから、大人になるにしたがって、段々と交友関係が
狭くなっていくのかもしれません。
トラブルを自ら回避できる男性が、やっている事。

トラブルに発展する事は、大体、
“グレーゾーン”
に、起きた物事から、発生していく事が常です。

ある一部の男性だけ、これを理解しています。
だから、その人達は、事前にトラブルを
避ける事ができるのです。

これは、一種の予防の考え方です。

大人の男性だけが、知っている、そして、行っている
この対応。トラブルが起きる人は、ここを無視して
しまっているので、起きてから慌てるしかないのです。

この大人の作法について。
好かれる会話のマナー。

好かれない会話をする場合、特にこれは、男性に
多くなってしまうのですが、会話というものを、

“自分の有能性を表現するための方法。”

として、捉えている人が多くなります。

そうすると、話をして、有能性を相手に認めさせよう
と思いますから、その内容に「自慢」の話が
多く用いられるようになるのです。


基本的には、誰も、あなたが有能である事を
知りたいとも思っていませんし、自ら、進んで
有能性をアピールした会話をして、それを受けて、
有能だねー。

と、素直に思ってくれる人は、ほとんどいません。

自慢が多い奴。
自分の話ばかりをする奴。

と思われるだけなんです。

この考え方は、全部捨ててしまいましょう。

あなたが有能である事を、会話の中で、伝える必要は
ありませんし、相手がそう思えるものは、会話を積み上げて
きた実績を担保にして相手側が、判断するものなので。

判断をするのは、あなた自身ではありません。
そうすると、必然的に、最初に、どういった事を
口にするべきかが、明確になります。
自分自身をコントロールしてしまう方法。

この力を、あまり分かっていない人が多いと
思います。自分の気持を自分で作ってしまう方法。


自分の気持って、どうやってつくられるか。
知っていますでしょうか。

これが、分かれば、自分の気持を作って、そっちの方向
に自分を向かわせる事。感情を変えていく事は、
難しくありません。


そして、これは、色々な方向に使う事ができます。

相手に対して、良い感情を自分に持たせる事も。
相手に対して、友愛の気持ちを持つ事も。
相手に対して、敬意の気持ちを持つ事も、


こういった事が、出来るようになるのです。
そして、お分かりの通り、このように自分の気持を
持っていく事ができる事から、得れるメリットの
大きさが分かると思います。


これができれば、あなたの相手に対する態度は、
変わりますから、相手からも良い感情が返ってくる
事が、期待できるようになるのです。


こういった自分の気持を変えるというのは、今後の
あなたの人生を、大きく良い方向に向かわせる
力があります。
素直に生きるを、はき違えて嫌われてしまうケース。

これまで、「自分に素直に生きる。」
という事で、素直な言動をして、嫌われてしまっている。
そういった男性を見てきました。


素直である事と、好かれる事には、確かに、繋がっている
部分もありますが、それを上手く、人に好かれながら
実行していくには、外しては、いけない部分があって。

これを外すと、その行為は、ネガティブなものとしてしか
受け取ってもらえず、

「意味が無い行為。」

としか、評価されなくなります。

そこには、拘束感があるか、自由感があるか。
その大きな差を生むからです。

回りから重宝がられる、雰囲気とは?。

私は、この雰囲気を出せる人が、回りにいると
その場に安心する事ができます。


この雰囲気は、その場の調和を和やかにするために、
力を発揮してくれますし、なんならば、
コミュニティーには、なくてはならない雰囲気かつ、
個人の能力だと思っています。



これができる人は、大人だと判断してもらえますし、
まず、尊敬される事ができます。

人として生きていく場合、こういった事が、自然にできる
人になりたいと思う、そういったものです。
これをやると、やんわりと避けられるようになっていく。

意見すると、正義感の強い人のように見える
のですが、時間をかけて、この表現方法を用いる男性
からは、避けられるようになります。


時間をかけて、ゆっくりと避けられるようになるので、
ふっと、気が付いた時に、阻害感たっぷりな環境になって
いるという状態になってしまうのです。


これは、現実と、その人が持っている考え方が、
マッチしていないのが、最大の原因なのです。
現実は、こういった事が大半となりますので、それに
マッチした考え方を持つ事が大切になるのです。

その現実と、マッチした考え方について。
人を無気力にする、洗脳的な言葉使い。

このやり方で、言葉を組み立てると、人の気力を無気力
にしていく事になります。
私、個人としては、最低の言葉の使い方だと思いますし、
これをやられたら、「この人との話は、拒絶します。」

それは、そこには、お互いに対等に話をしようとする
つもりがなく、

「ただ、やりこめる。」

事が目的化となっている言葉の使い方だからです。

まず、自分の立場で考えた場合、こういった使い方はしない。
嫌われるための言葉の使い方だと考える。
だから、避ける。

これは、主に、自分の言葉で、相手を疲弊させて、
その疲弊している姿をみて、快感を得るために使われる
ので、誰のためにもならないというのも、ネガティブ要素
として、大きく関わります。


逆に、この言葉を使ってくる人とは、理解し、理解をする。
この前提が成り立っていないので、その人が目の前にいて、
この類の言葉を使ってきたら、その場からいなくなる。
それが、ベターな選択です。
ただ、気力を削ぎ落されて、ただただ、疲れるだけですので。


ちなみに、良く、これを子供に使っている親を見ます。
それが、どれほど、子供に悪影響を与えているのかも
しらずに。

無能な上司が部下に使う。
執着している男性が、女性に使う。

これらが、典型的な例です。
女性に対する、最低のセクハラ言葉。

この言葉は避けましょう。
感度が低くなっている、オヤジ化してしまった、男性が
使ってしまう言葉として、知られています。

女性から、嫌われようと思ったら使うべき言葉。

その代表的な言葉について、お話をします。

※使う人同士の関係性によっても変わります。
言葉全般は、相手との関係や、その場面・空気感で
伝わり方は、違うので、この言葉の存在が、“悪”
という事ではありません。
○○な言葉を使っても、大丈夫だと思っている男性。

この考え方を持っている男性は、多く、その考え方の
ベースにあるものが、後で、どうにかなると思っている
から、このような選択をするのです。

ここで、覚えておくと、良いものは。

「後では、どうにもならないという事なのです。」

その詳細について、お話をしますし、ここを改善していく
事で、人間関係は、良くなっていくと予想されるような
部分となります。



>>>■孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】■








[PR]
by kn19870821 | 2017-05-26 15:32 | 恋愛術

安心安全